歯を白くするには注意点を守るのが優先でした。

ホワイトニングの注意事項をまとめました!

ホワイトニングをする場合には、様々な注意事項がありますからそれをよく理解した上で行うかどうかを決めると良いでしょう。
まず、ホワイトニングというのは誰でも綺麗な真っ白な歯になるというわけではなく個人差があるものなので、思ったよりも効果がなかったということがあり得るということを覚えておくようにしましょう。
ホワイトニングを受ける前には、診察を受ける必要があり場合によっては治療ができないということもありえます。
歯の状態であったり、歯周病などの影響によって状態が悪ければ行うことができないのです。

 

ホワイトニングというのは歯の表面に薬剤を塗布してそれによって歯を白くする方法ですから、歯の健康状態というのが重要なものとなり、状態が悪いと治療が開始できないのです。
わかりやすく言うのであれば、歯を漂白するものなので歯や口の中の状態が重要となってくるのです。
問題がない場合であっても最初にクリーニングから入る必要があるので、歯医者に通えばその日からいきなり歯が白くなることができるというものではないことも覚えておきましょう。
治療をしている最中は知覚過敏などになってしまうこともあり、歯がしみやすくなってしまう可能性もあるので知っておくと安心です。

 

治療が終わった後の注意事項としては、24時間は避けたほうが良い食べ物や飲み物などがありコーヒーや紅茶に日本茶といった歯の着色汚れの原因となるものや、焼きそばやカレーライスといった食べ物に焼き肉や焼き鳥といった食べ物は避ける事が重要です。
当然タバコなども厳禁となりますから、どれだけタバコが我慢できないという人であっても最低限24時間は禁煙をするようにしましょう。
色の薄いものであれば概ね問題はなく、牛乳や白ワイン薄い色のビールなどを飲んでも問題ありません。
醤油を使わなければ豆腐などを食べても良いですし、塩ラーメンといったものも大丈夫です。
このようにホワイトニング後は色の濃いものを避け、色の薄いものを選ぶ必要があります。

関連ページ

ホワイトニングの相場が知りたい!
歯医者で歯を白くする=ホワイトニングをする相場について調べました。参考になれば幸いです。